29日”チビヨ”の告別式/2006年戌年

これから 移住と移動を繰り返すのに、
ワタシの負担になると思ったのかな?
凄いタイミングで 永眠してしまったよ。

長い間楽しい思い出をありがとう。
忘れないよ。



a0213992_23355088.jpg


チビヨ:ミックス/メス/去勢済み:
平成元年生まれ(たぶん)。
10月24日永眠 17〜18歳(たぶん)

29日火葬&告別式に行きます。

過保護にせず、しっかり、しつけが出来ていたと思う。
そして、犬ならではの仕事もしっかりしてくれた。
面白い事もたくさんしてくれた。


その昔。。。
雪の降る中、さまよう 子犬を知り合いが 拾って来た。
ちょうどその頃、今まで家に居た『番犬達』が他界していたので、番犬の『犬』が必要。。。 
と我が家が引き取る事になった。
拾い主はドックフード 1袋と その子犬を我が家において行った。
           平成元年の雪降る1月だった。


18年間の記憶をたどるのも、我ながらに大変。。。
だって!自分の昨日何食べたかも忘れてるんだから!!!


しかも!青春まっただ中だったしね。自分にも忙しかったし。。
(ちなみに、今もがっちり青春だが。。)
ただ、7年前にここ実家なのに、マンションを買ったことにより、
家族みんな出て行ってしまったから、私と動物だけが実家に残る事になったのです。
7〜8年前は 犬、猫、サル、人の4生物が共存。
2005年8月下旬から 猫6、犬1となり.......
少しづつ猫屋敷になりつつ。。。

番犬”ちびよ”は ちーと 臆病。
でも、悪い奴が来ると必ず 猛烈に吠える。
ちゃーんと解ってるんだよね。悪い奴。嫌な奴のことを。。。
初対面には挨拶代わりに吠えるけど、
       いい人にはその後は吠えなかったよ。
              さすが!


★━━(≡^ェ^≡) (≡^ェ^≡) (≡^ェ^≡) (≡^ェ^≡) (≡^ェ^≡)

15年前。
日本を離れ、1年間の留守から、帰宅した時。
一瞬忘れていたのか?その日は私に間吠え続けた。
でも、次の日からは 家族だったか?と 認識し直す。
アタシ、悪い奴?かもね。(笑!)

そんな事もあった。


十数年前のある日
オカンが”チビヨ”の散歩してるとき、
そこを仕事帰りの私が車で通りかかると、
車で私の事が解るのか?エンジンの音で解るのか?
喜びの表現で 車を追いかけて いきなり猛烈ダッシュ。

そんな事もあった。


どうやら、エンジン音を覚えているらしく、
私の車のエンジン音で「喜びの叫び」をしてた。
いつの間にか 何故かその喜びの表現はなくなったが。。。

そんな事もあった。


車に乗りたくて、車のエンジンをかけると
『キャイン!キャイン』言って 乗せろ!をアピールしてた。

そんな事もあった。


車に乗せると、ご満悦の表情となった。
とにかく、ドライブが大好きだった。

そんな事もあった。


車に乗れない時。
車が発進すると、リードにつながれていない時はひたすら車の後を走って付いて来る。
困ったもんで、そのまま走行付加となり、一旦車を止めて、助手席に乗せ、家に戻る。
そのちょっとのドライブで少し満足するのか、いくらかおとなしくなる。
リードにつなぎ、再び運転再開。

そんな事もあった。


8年ぐらい前から、”チビヨ”に好きな人が出来た。
今度はその人のエンジン音に異常なほどに反応。
始めは嫌いだったはずの人が いつの間にか、
幾度にも渡るその人の賄賂(おやつ)に
誘われて、そしていつの日か その人が大好きになる。
その人のエンジン音や、声が聞こえると、狂ったように
「喜びのオタケビ!」
偶然にも、同じエンジン音が散歩中なんかに聞こえてくると、必死でキョロキョロその人を探す。

そんな事もあった。


たまーに、ウチのオカンが自転車で訪問しに来る。
その時も異常な喜び表現をする。オカンが帰る時には、
帰ってほしくないのか、リードが離れていると、ひたすら追いかける。あまり付いてくるので、仕方なく オカンが戻って来る。

そんな事もあった。


十数年前、
成人式の日 着物に着替えた私が 犬の脇を通ったら、
私だと思わなかったみたいで、狂ったように吠えつけられた。
きっと、振り袖の華やかさがムカついたのだろう。。。(笑!)

そんな事もあった。


十数年前、
真夜中に 2Fで英会話のテープを聞いていて、
リピートのところで、何か下から雑音が聞こえると思ったら、
1Fにいた”チビヨ”が復唱していた。。
  見事な復唱だった。
もーおかしくて、私はその日 勉強にならなかった。
実は”チビヨ”の方が英語を理解していたのかもしれない!

そんな事もあった。


リード無しで散歩していたため。
”チビヨ”とは良く「隠れんぼ」しながら、散歩に行った。
私が隠れる。
先に行った”チビヨ”が私の姿を確認しようと、後ろを振りる。。。が、私の姿が無い。 すると、”チビヨ”必死で私を探しに戻って来る。それを、何回も繰り返しながら 散歩した。
その時の私を探す顔がものすごい真剣なまなざしで!
私を見つけた途端!ものすごい笑顔!
全く本当の笑顔だった!!(笑!)

そんな事もあった。


2年前までは
毎日土手へ散歩に行って、ケツがかゆいのか、
土手の芝生のスロープを滑り台の様にお尻で滑って行く事を、
一回の散歩で何回も繰り返した。
通りかかった通行人も笑いこけてしまうほど面白い事をしてくれた。(あのシーン。ビデオに収めたかったが、ビデオが無かった)いつの日か、足腰が弱くなったのか、滑り台が出来なくなっていた。

そんな事もあった。


3年前の夏。
日差しが強かったので、『麦わら帽子』をかぶって、散歩していた夏の午前中の事。
土手でリードを外したら、さっさと先行く”チビヨ”を
脅かしてやろうと、再び隠れる。すると、私を探すチビヨが見える。がしかし!”チビヨ”の遥か先に『麦わら帽子』をかぶった「オヤジ」!!”チビヨ”は、その「オヤジ」を遠くから見つめる。
『まさか!』と、私。
そのまさか!なんです!”チビヨ”は、その『麦わら帽子』をかぶった「オヤジ」を私だと思い込み猛ダッシュでその『麦わら帽子』をかぶった「オヤジ」に向かって走る。、、、
『麦わら帽子』をかぶった「オヤジ」にたどり付いた”チビヨ”は、まだ、『麦わら帽子』をかぶった「オヤジ」を私だと思い、一緒に歩く。。。遠く、後ろから、私が叫ぶ。
『ちびーーーーーーーーーーーーっ!!』
しかし、聞こえない。
どんどん、”チビヨ”は『麦わら帽子』をかぶった「オヤジ」と歩いて行ってしまう。
『麦わら帽子』をかぶった「オヤジ」は隣で沿って歩く犬に気付くが、そのまま歩き続ける。
仕方なく、私は『麦わら帽子』をかぶった「オヤジ」とチビヨのもとへ走る。。。汗だくだった。。。


そんな事もあった。ある暑い夏の午前中。


1年ぐらい前までは
食べたいモノがある時、気分がHighの時、大好きな人が訪問した時なんかは、『お手!!』と言うと『おかわり!』も言っていないのに、連打で交互に「お手!おかわり!お手!おかわり!」を繰り返してた。
でも、怒られた後や気分がLowの時は、重そうに「お手」してた。”犬”ってなんて、正直なんだろう。。。と。。。

そんな事もあった。


5〜6年ぐらい前
土手で数日間じーっと何かを待っているのか?捨てられたのか?
”チビヨ”が「茶トラの猫」を見つけ 我が家に一緒に帰る。
その茶トラの猫 ”チャイコ”は恩人?恩犬の”チビヨ”と外で一緒に生活することになる。
『優しい犬と優しい猫の物語のはじまり。』
キャットフードのにおいにつられて、魚が好きだった犬の”チビヨ”はのちに、主食は『キャットフード』となった。
もっぱら、おやつは 煮干し。
犬なのに、『ドックフード』はいっさい口にせず。
焼き魚の頭や皮は大好き。

そんな事もあった。



a0213992_23374182.jpg





『ドックフード』は嫌いでも、「ジャーキー」は大好きで、目の届くところに置き忘れていると、一袋一気に食べ尽くし、うしろめたい気持ちがあるのか?私の姿を見ると 怒られる準備&隠れようとしていた。
自分で罪の意識を認識している。
これは 猫にも見られることだが、賢い。

そんな事もあった。


元気いっぱいの頃
「ちび!散歩!」と、言うと、「散歩」の言葉に異常に反応し、
アタフタ落ち着かなかった。数年前。
2年ぐらい前までは「散歩」と言うと うがいをするような音を出し、妙な反応してました。そういえば、ここ1年ぐらいそんな反応なかったな〜ぁ。

そんな事もあった。


4年ぐらい前までは、
リード無しで散歩に行っていたが、
横断歩道の信号待ちで、『待て!』と、『よし!』を間違えて、
横断歩道が赤信号でがんがんに車が走る京葉道路に飛び出し、トラックに引かれた。。。。汗。。。。ヤバい!
運良く、トラックは車高があった為、その下でごろごろ転がり、
一命は取り止めたが、ショック症状と精密検査の為入院した。
わたしは、車の下に入ってしまって、ゴロゴロ転がる
”チビヨ’を見た時は 即死だと思ったので、
かすり傷で生きていた事が奇跡と思った。
あの時の事故は私の責任だったから、自分のショックも大きかった。
いまだに、車が来ると猫や動物(たまに子供も)が気になり ものすごく怖い。
あの時のショックがよみがえる。
”チビヨ”もその時の恐怖の記憶だけは どこかに残っている様子で、その事故を境に私をおびえるようになった。
事故のショックが、私に猛烈に怒られたと、記憶したらい。。。汗。。。
たしかに、しつけには厳しかったけど。。。。バカ犬になって欲しくなかったからさ!
そのかわり、とても、お利口さんだった。ヨダレもたらさない。
べろべろ舐めない。(私が舐められるの嫌いなので助かった)
事故以来 リードをつけて行動することにした。

そんな事もあった。


”外”生活のくせに、雨や雷が嫌いで、
雨が降ると近所にお知らせするかのように、
『キャイン!キャイン!』と鳴いてた。
ご近所はその”チビヨ”の鳴く声で洗濯物を取り込む。。。
地域に貢献していたのだ。

そんな事もあった。


6年ぐらい前
散歩の延長線で”ナガ”(友達)の家へ遊びに行った時。
そのお父さんにすごく優しくしてもらい、大満足だったらしく、
同じく雷雨の日。何故か、リードが外れ、環七を渡り、
”ナガ宅”のマンションの踊り場でびしょ濡れになりながら、くつろぐ”チビヨ”ちゃんと信号渡って行ったのか?は不明だが、雷が怖くて、あの優しい人達がいる所に行こうと決意した”チビヨ”

そんな事もあった。


再び別の雷雨の日。
近所に住む 同級生?同じ歳で仲良しの ハスキー犬
”ロン”の所に 怖さのあまり、勝手に一晩お泊まりしてた。
(無断外泊)
その、時もリードが外れていた。いつも雷雨になると、アクションを起こす。
そのロンも2005年3月に永眠。
ゲッ!!24日!同じ命日かもしれない。。

そんな事もあった。


あんな事、そんな事、今すべてが思い出になった。
写真とともに。
すべて 楽しかった思い出にしょう。
ここまで一気に思い出すのに時間かかったよ。。。
また明日思い出す事たくさんあるかもしれない。
すべては 微笑ましい思い出と。。。。

たくさんの思い出ありがとう。チビヨ。。。
楽しかったよ。

生まれ変わってまた会おうな!




a0213992_23384220.jpg

[PR]
by ama_takohime | 2006-10-29 03:20 | 海女への道