東京生まれ東京育ち鮹姫の漁日記


by ama_takohime

2014年鮹姫海女漁・珍水中DAY15

2014年鮹姫海女漁・珍水中DAY15

毎日記録を付けようと思っていても、漁後は家の事でやる事が多く疲れてしまい記録つけられなくなる。

23日の今日は台風10号??のウネリが若干は入り波がある為禁漁旗が上がった071.gif
なので、昨日はいろんな海中生物と遭遇したので3回の記録まとめてメモ。
でも前2回の海中の様子は忘れた。記憶にとどまらない。



7月18日 DAY13
黒アワビ 17枚 5キロ。

台風、江戸への出稼ぎ?等で漁に出られず
なんと、7月に入って初めての出漁でした。

a0213992_1113415.jpg


メガイが一枚も無かった。
若干お値段もよくなっていたので、嬉しい。



7月19日 DAY14
黒アワビ 20枚。赤アワビ2枚。6.5キロ。


a0213992_11185584.jpg


ランチはめんどくさくて、焼きプリン1個とアイスココア。
炭水化物じゃなくて、糖分じゃん。。。汗。
ま、カロリー摂取したからいいだろうと、元気に2ラウンド♪070.gif


そしてDAY15


若干海士のおじさん達より遅れて入水。
寒そうな海だったけど、だいぶ水温あがってた。
やはり海開きになると同時に楽になる。
ここからあと1ヶ月ちょっと 寒さも軽減されたので今年の私にとってはラストスパートになる。


そんなに深い所じゃないのに午前の1ラウンド目は(ヒトオレ目)赤アワビ(メガイ)ばかりだった。
黒に比べると値段が下がるので、なんとなく残念な感じ。
でも、赤(メガイ)は 深い所に居る事が多いので、赤を獲る海女はいい海女とされている。
目がいいので、水面泳いでいても、岩の下に潜って居なくて飛び出たアワビなら直ぐにみつける事が出来る。 不思議な事に山勘でなんとなく潜った所にアワビがいたりする事もよくある。
探しても探しても居ない時がほとんどだけど、タルに付いた重りを置いた場所にアワビが居たり。。
偶然にしても面白過ぎる!それも、感がいいんだと?思う事にする。

【トビエイ】
午前中はしばらく赤のみ4枚で途方に暮れていた頃。
下のカジメが黒く大きく揺れた。
視線を真下に移すと 座布団サイズのマダラも様がうっすらついたトビエイがいる。
上に居る私には気付いていない様子。
そーっと下に降りてエイに近づく。
一応シッポの針の位置を確認しながら。

(私は9年程前にアカエイに刺されて救急車を呼んでもらった事がある。(笑!))
なので、一応用心しつつも かなりソバに近づいてみた。
隣りを添って泳ぎだしたら、やっと私の存在に気付いたのか?
スピードを上げて去って行った。

館山の西川名ではそろそろ トビエイの群れが見れるシーズンらしいです。
迷子になったトビエイ?が白浜まで来てしまったのか?
それとも、ダイビングで逢おうとお誘いだったのか?

今年の夏は春に膝を負傷しサーフィンもスケートボードも出来ないので、
ダイビングくらいはやろうかと思っていた矢先だったので♪。
先日の誕生日にはシャークダイビングをやって来ました。
ただ、サーフィンやスケートボードとは違って、ダイビングは多額の費用がかかります。
それが、手術代を稼がなくてはならない今の私には大問題なんですけどね。
娯楽がなければ生きる楽しみも無いものです。
また明日楽しい時間を過ごすために漁も頑張れば良い話???汗/w(笑!)

と、言う事でトビエイを見たのは初めてで、
でも、実際のところ、それば本当にトビエイなのか?は 解らない。(笑!)
アカエイは丸いけど、トビエイは四角。。。くらいの認識なので。
いずれにせよ。トビエイダイビング行きますよ♪
迎えに来てくれたエイさんw待っててね。003.gif


https://www.youtube.com/watch?v=LnTHtFQC8co
館山西川名の海中の様子


【マダコ】
大きな岩の下を除く。
暗闇にうっすらアワビの姿。手が届く範囲だけど、サイズが微妙。。
水揚げ出来ないサイズを獲って傷付けてしまえば、かわいそうだし。
そう思いながらもついでに辺りを見回していたら、つかまっていた大きな岩肌が顔の前で動き出す!
視線を顔の前の岩に移すと。。。。
マダコ!!(笑!)
しかも、なんで、わざわざ私の顔の前に現れて来たのかが?不思議!(笑!)
逃げるとか怯える姿も無く。
思わず両手でタコの足を二本づつ持って水面まで連れて行く。
自分の鮹姫と描いたタルに載せてみる。
なんとも、タルとタコのいいコラボ★アートしてるwww

足を掴まれたタコは若干ビビっている感じだったけど、あんまり暴れる様子は無い。
タコって、もの凄い凶器になる口があるのに噛み付かれた事が無い。
ヤツも噛み付いて来る気配は全くない。
手にとった瞬間私のオレンジ色のシャツの色に合わせて白っぽい色味からオレンジ系の色に染まる。
頭を撫でたり、足を撫でたりちょっとだけ遊んだ。
その間墨を吹く事も無くタコも楽しんでいるように思えるのはきっと私だけだろうね。
アワビやサザエ等の貝類を食べるタコは海女の天敵です。
それに、タコを食べたがる人も沢山いるのですが、陸に持って上がる事はやめてリリースしました。
ゆったり私の手から離れてしばらく行った先でそこでようやく3回程墨を吹き。
まるで バイバイ〜♪って言ってるように感じた、今日の海のファンタジー♪

食材として喜ばれるタコ。
でも、私はやっぱり動物を触れ合って遊ぶ方が好きだな。
タコ獲りは98%の確率で捕獲出来る自身があるけど。
漁協では買い取りもやっていないし、自分で捌いて食べるのが嫌なので、獲らなくなった。
奴らだって、生きるのに、一生懸命だしね。
需要や注文が無い限り獲らないです。
また出逢えて遊んで次はアワビの居場所を教えてくれるかもしれないw


【そして午後の2ラウンド目】
自宅目の前のポイント。
水面からは自分の家が見える、自宅目の前のポイント。
そこは白砂と棚岩がある水色で明るい場所。
昨年の後半にまだ未熟だったアワビを置いて来た場所でもある。
そこへまっしぐらに行ってみた。
すると、居るではないか!ちょっと嬉しい。
本当に昨年残して来たアワビなのか?どうなのか?は不明だけど、
アワビ生息にいい環境だったようです。
昨年の11月の強烈な台風でどんなに地形が変わってしまっているかと心配していたけど、
大丈夫でした。
海底の棚も砂で埋まっていなかったし、カジメも沢山残ってました。
一安心。
小さい子達を残して成熟した子達の嫁入りですw
同じ棚や穴に居たアワビ仲間とお別れの時期が来ました。
「一緒に行きましょう」そして「ありがとうね」
アワビも一生懸命生きて来て海女に獲られてしまします。
感謝して水揚げです。
そして、彼らが生息しやすい海もちゃんと作ってあげなきゃイケナイと心から思う。
アワビ漁は殺傷して水揚げしないから出来るけど、時々剥がれにくいアワビが居ると息が続かなくて苦し紛れに磯がねで傷を付けてしまう事もある。
傷が付いてしまうと値段も下がってしまうし、彼らもかわいそうなので、出来るだけ無傷で水揚げ、嫁入りさせたいですね。。。

二ラウンド目も色んな種類の魚に出逢う。
未だに魚の名前なかなか覚えられないですが、
50センチ程もある大きなイシガキダイがおこぼれ欲しそうにウロウロしてました。

そろそろ幼魚のトルネード等に遭遇するシーズンなので、アワビ探しに飽きたら海中を楽しむ事で出来ます♪
遊んでいる場合じゃないけど、こうして楽しめれるから海好きには最高の職業だと思ってます♪

寒く無いなら一年中水中で仕事したいですね。
陸に上がった途端嫌気がさしますw(笑!)070.gif

今度カメラ持って潜ろう〜♪

DAY 15の水揚げ

a0213992_12142372.jpg
a0213992_12131128.jpg
a0213992_12124964.jpg

[PR]
by ama_takohime | 2014-07-23 11:00 | 海女漁