東京生まれ東京育ち鮹姫の漁日記


by ama_takohime

あれから5ヶ月

最後のブログ更新の8月9日 
子猫アワビが帰宅しなかった事。


その夜 心配で眠れなかった。

深夜3時頃 突然目が覚めて、もしかしたら外で泣いてるかも?
と、テラスに出て小声で呼んでみるが、気配は無い。

静まり帰った 沿岸の夜空に 降り注ぐ星。

星を見上げて、「もしかしたら お星様になっちゃったかな?」

と 切ない気持ちになった。



ボロボロだった生後1ヶ月位に 我家のテラスの下で鳴いてて
腹も減り過ぎで 家の猫の残り餌あげたら、ガツガツ食べ。
a0213992_1822337.jpg



家の中に入れたらそこが快適な場所と認識し、
a0213992_18232885.jpg

a0213992_18241657.jpg



座ればいつも膝の上にしつこく乗って来て爆睡し
a0213992_18245897.jpg



免疫力も低下してたので、何度かに渡り病院に連れて行き、
a0213992_18272543.jpg


500gしか無かった体重もあっと言う間に300gも増え
a0213992_18283865.jpg



最初ものすごく警戒されてた家の猫たちも、
a0213992_1830470.jpg



すっかり仲良くなり
a0213992_18311782.jpg
a0213992_18305142.jpg



人見知りも猫見知りもしない「子猫あわび」だったけど、


神様は私の元から引き離してしまった。

しかも、交通事故という悲惨な死を迎える事になった。




つい数時間前まで 元気に動きまわり、
私の膝の上でまったりすごしていた子猫「あわび」が

無惨にも 皮と肉がバラバラになり、顔も無かった。
唯一小さい足と長くまっすぐな しっぽだけはそのままで、
「あわび」だと確認できたけど、本心は 違う猫だったらいいのに。。。
と 心の底でさけんだけど。
違う猫なら猫で その失った命も切ない。

元気に愛くるしい姿を思うと、
もう 居てもたっても居られなかった。。。
この悲しみをいったいどこに ぶつければいいのか?

それに 死体の処理をどうするか?
8月の炎天下のアスファルト。
数時間でひっからびてしまう。
もしくは、鳶やカラスにつままれてしまう。
一刻も早く処理してあげないと。。。

でも、辛くて、辛くて どうにも出来ない。007.gif

思わず、母親に電話。次に友人に電話。。。
すると、友人は東京に居るにもかかわらず、
バスに乗って 遺体処理をしに 今から房総に来ると言ってくれたのだ!!

ふと、我に帰り、
こんな事も自分でやらねば!



本当は里親がみつかるまで、かわいく育てよう!。。。
なんて 思ってたんだけど 家猫とも仲良くなり 愛嬌たっぷりの「子猫あわび」
と1ヶ月過ごしてたら もう手放せなくなってた。



新聞紙を持ち出し 事故現場へ
通りすがりの近所のおばちゃんが声を掛けてくれる。
「供養できるからね」

もう、涙がとまらなかった。
007.gif007.gif007.gif007.gif007.gif007.gif007.gif007.gif007.gif


自宅近くの海岸に生えてる大きな木の根元に「子猫あわび」の墓を。
お供えにアワビ貝殻の皿に子猫のドライフード。


その翌々日に 遺体処理に来てくれると言ってくれた友人が
お線香を持って来てくれた。
そんな 優しい友人が居てくれて心の底から幸せだと思った。


たかが、猫 されど猫。
猫だけに特別の愛情があるわけでは無い。
確かに猫が大好きだけど、生きる、生きようとする命。
それは大切なモノ。

命を無駄にしてはイケナイ。

人が食するもののほとんどは命から。


魚もお肉も野菜だって 感情は人には受け止められないけど 命ある。


だから、むやみに生き物を殺してしまう事が許せない。033.gif

おなかを空かして近寄ってくる蚊でさえ、殺しちゃイケナイような気がする。。。



そんな私が 海女でアワビ・サザエを獲っていいんだろうか?
と時々自分自身が疑問に思う。



『子猫あわび』享年推定2ヶ月〜3ヶ月 8月10日が命日。

わずか1ヶ月しか一緒に過ごせなかったその運命
また別の命に生まれ変わってくれてる事を願い 違う形で再会したい。


a0213992_18591361.jpg





5ヶ月たったいまでも、その悲しみはまだ消えません。

どういう訳か?
10年以上も一緒に生活して来た 猫ミータマの死よりも、
「子猫あわび」の死が辛いのはいったいどういう事なのか?
冷静に考えてみた。


ミータマは6歳の時里親として引き取ったアメリカンショートヘアーのメス。
7月の海の日の前日に他界したんですが、享年17歳の老衰でした。
病気ひとつせず、手のかからない猫でした。

ミータマは老衰だけど子猫アワビはまだ生後3ヶ月弱
これからあと何年も生きられるはずの命が亡くなってしまった事の切なさ。
ただし 切ないのは自分だけで、亡くした命の持ち主はきっと何も考えていないと思う。

そう、悲しいのは自分だけなのである。。。



合わせて、2匹の猫達の冥福を祈りたいと思います。

(今年も喪中だったんですよね。本当は。。。。)

a0213992_1915556.jpg



私が今こうして生活していられるのも、猫のおかげでもあるんです。
家族です。兄弟です。



そして、5ヶ月ブログ更新できなかった理由。
切なかった「子猫あわび」の死


もっと、強くなりたい。

でもちょっとは強くなってると思う。
遺体処理後 悲しみこらえて しっかり 午後から漁に出ましたから!049.gif
[PR]
by ama_takohime | 2012-01-11 19:23 | Cats